電気も自助努力が必要な時代になりました。

昨年、一昨年の夏の節電要請にはもううんざりしています。
そして今度は電気料金の値上げです。
庶民派踏んだり蹴ったりです。
こんなになるのだったら、原子力発電は認めればいいのではないかと思ってしまいます。
しかしいい方法があるのです。
自宅の屋根で電気が創れて、そして余った電気は東京電力に売電できるのです。
私は群馬県の高崎市に住んでいます。
昨年自宅の屋根に太陽光発電を設置しました。
自宅で電気が創れるのです。
それに、太陽光発電を損か得かで論じていますが、得に決まっています。
だって、発電量はたぶんそんなに変わりません、この高崎市で初期投資した資金が回収できる期間はおおよそ10年くらいです。
太陽光は無限でその先も太陽パネルがしっかりしていれば、コストなしで発電してくれます。
太陽パネルの保証期間は大体20年です。
20年ですぐダメになるという訳ではありません、寿命が来るまでしっかり発電してくれます。
資金回収が確実で、ランニングコストがない投資にリスクなどありません。