環境に優しく経済的にお得な太陽光発電

現在日本の電力事業は火力・水力・原子力の発電事業を中心に行われている。
これらの従来のエネルギー生産方法はそれぞれ一長一短がある。
火力発電は多くの二酸化炭素を排出し地球温暖化の原因とも言われる。
水力発電は確かに地球には優しい自然エネルギーではあるが、
国内に普及しているとはいえない。
原子力発電にいたっては様々な問題が指摘されているのは周知の事実である。
また代替エネルギーとして色々な発電方法が近年編み出されている。
地熱発電は火山帯の列島といわれる日本とは相性がいいと一見考えられる。
しかし地熱を有効利用するには地面に穴を開けたりする必要があり、
実用化には程遠い現状だと言える。
風力発電は自然エネルギーのひとつとして期待される発電方法である。
だが風力発電は電力の供給方法として安定性が低く、
継続して一定以上の電力を供給できないと考えられる。
そこで出てくるのが太陽光発電である。
太陽光発電は屋根などにソーラーパネルを貼るだけで発電することができ、
日照の多い太平洋地域であれば安定した発電能力を発揮することができる。
現在日本の電力会社は各地域にあるが、
外国のように各電力会社が競争しているとはいえない。
各電力会社で競争が起これば電気価格も全体に安くなり、
電力を必要としている中小企業の工場なども助かる。
もし政治行政の力で発送電分離などの決定がされれば電力供給もフレキシブルになるといえる。
契約する電力会社をサービスによって消費者が選べたりでき、
ソーラーパネルで自己発電している家庭からは余った電力を売ることまでできるのだ。
とにかく現在のように電気料金が高く設定されているのが日本の現状である。
そのうえ電力の価格が値上がりする傾向にまである。
そういった世の中で得をするためには電力を自分で発電するほかない。
そのためには太陽光パネルを自宅の屋根などに貼り太陽光発電をするのが一番である。
経済的にも環境的にも優れた太陽光発電を是非活用してもらいたい。
現に私が太陽光発電にして良かったことといえば、
経済的な面はともかく環境的な面においても地球の一員として貢献できているように感じられることである。

コメントは受け付けていません。