我が家に太陽光発電がやってきた!

長年の検討事項であった、太陽光発電の我が家のへの導入が、ついに実現しました。
なぜ今太陽光発電なのか?と聞かれれば、やはり今後の電力の安定供給を確保したいという自己理由と、また、電力を家で調達することによって、社会に対しても節電以上の付加的な貢献ができるだろうという社会貢献的理由からです。
実際に太陽光発電を取り付けてみると、我が家で使う電力のほとんどが、自分の家で調達できているという事実にとても感動しました。
モニターがありますので、今の発電量もよくわかりますし、余剰電力が電力会社に買い取られるということもデータとして記録できるので、本当に面白いです。
余剰電力は、毎月電力会社が買い取ってくれていまして、その額も明細によって見える化されているため、これもとても面白いですね。
今では、少しでも多くの電力を買い取ってもらいたいという気持ちが芽生え、自分の家で発電しているにもかかわらず、節電の意識が高くなりました。

コメントは受け付けていません。