豊かな自然の残る群馬で太陽光発電

海に囲まれた島国であると表現される日本の中でも、群馬は内陸にあり、海がない県です。
そして、福島県との県境である尾瀬国立公園のような豊かな自然も残っており、環境に対してより深く考えたい場所でもあります。
関東ですし、人口も多く、GDPも高いですし他の県のようにひとつの場所に人口が集中しているというより、人の多い南部の中でも、さらに分散しているといった感じで基本的に人間が多く、それが広がって暮らしているわけですから、尚更、考えたいですよね。
だって、自然が残っていても、そこが人の少ない田舎なら、さしたる問題はないのですから。
ただ、海洋大国である日本でエネルギーについて考えると、メタンハイドレードや海上での風力発電という発想になってきますよ。
そう考えると海のない群馬で個人単位で実地できるエコといえばやはり太陽光発電という事になってきそうです。
この方法を検討する場合、避けて通れないのが自然環境です。
年中雨ばかりとか、季節による気温の高低差が激しすぎるとなると、ちょっと厳しいです。
この県の場合、北部は山間部ですし、南部は関東平野と言った感じで、様々な顔を持っています。
ですから、それぞれのエリア毎で検討する必要が出てくるでしょう。
まず、山間部ですがスキー場なども多く、豪雪地帯です。
しかし、温泉地帯となっており、地熱という自然の恩恵を受けていますし、人が訪れる場所で人口が極端に少ないと言う事もなく、設置できる余地は十分なので、検討してみるのもいいでしょう。
そして、平野部ですが農業や織物といった工業や、商業が盛んな地域であり、それと共に住居が多く東京を始めとした近代都市化された他の関東における地域とは違って、自宅にあるソーラーパネルを高層ビルやタワーマンションによってさえぎられてしまうという心配も無さそうですし、気候的にも夏は雨が多いものの、冬には少なく、一年の通算で考えれば、日照時間も期待できると思います。

コメントは受け付けていません。