環境学習が進んでいる群馬

群馬は自然豊かな土地です。
かつて野生の馬が群れている自然豊富な土地だったことが群馬の名の由来です。
そんな自然豊かな土地だからこそ、
地球温暖化やエネルギー問題の解決のため環境学習がすすめられてきました。
いま日本は増え続ける二酸化炭素やエネルギーなど問題が山積しています。
そこで注目されているのが新エネルギーです。
新エネルギーは二酸化炭素の排出量も少なく、環境にやさしいエネルギーとして注目されています。

いままで日本で消費されるエネルギーのほとんどが、石油や石炭などの化石燃料でした。
そのためエネルギーの自給率はなんと4%しかないのです。
化石燃料が枯渇するといわれ始めてからもかなりの時間が経ちます。
その問題を何とかしたい、そしてエネルギーを消費する時に出る二酸化炭素を何とかしたい、その思いは群馬だけの思い出はないと思います。
石油や石炭などに頼らない、自給自足できるエネルギーとして、太陽光発電などの新エネルギーが注目されています。
これ以上二酸化炭素を増やさないためにどうすればいいのか、
自然豊かなこの環境を守るにはどうすればいいのか、そこで注目され始めたのが太陽光発電を始めとした再生可能エネルギーです。
群馬でも新エネルギーの研究開発に力を注いでいます。
また、次世代に子供たちに考えてもらいたいと、以前から環境学習も推進しています。
自然エネルギー協議会への参加や、太陽光発電の設置の推進などを強力に推し進めています。
群馬は全国的平均よりもずっと日照時間が長い地域です。
そのことを考えればエネルギーの宝庫といっても良いくらいです。
これまで行ってきた環境学習の成果として、環境のことをより身近に感じてくれる世代が増えています。
埼玉などより太陽光発電の普及率が多いのもその成果なのではないでしょうか。
県議会でもこれまで以上に新エネルギーを推進していくとが決まりました。
これからもっともっと普及していくのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。