群馬での太陽光発電の導入

群馬県では県をあげて、太陽光発電の導入を進めています。
その理由として、世界規模での地球の温暖化が問題となっているところ、日本においても二酸化炭素など温室効果ガスの排出量を減らさなければならないことが挙げられます。
二酸化炭素の排出とは言っても、企業の工場設備などから多くの二酸化炭素は排出されていますが、家庭における二酸化炭素の排出量もすくなからず存在します。
そこで、群馬県では、家庭からの温室効果ガスの排出を抑制する太陽光発電システム設置の導入を促進するために、補助金を支出しています。
この補助金を受けるためには、群馬県内に住居を構えるもので、新たに太陽光発電システムを設置する必要があります。
そして、設置の公示を行う前に申請手続きをしなければならず、交付決定が出て初めて補助金がおります。
通常、太陽光発電システムの設置には、多額のコストがかかってしまいますが、補助金が出ることで、コストが抑えられるため、より多くのシステム設置につながります。
群馬県以外にも補助金を支出して太陽光発電システム導入を進める自治体は増えてくるでしょう。

コメントは受け付けていません。